食べるものと人生

久々にスターバックス・コーヒーに行ったら、この季節限定のスイーツがウィンドウを飾っていました。そのスイーツの名は「桜シフォン」シフォンケーキの上に桜の花びらがあしらわれているなんとも可愛いケーキです。桜の季節はまだまだ先ですが、心がほんわりと春めいた気分になりました。最近の私の傾向ですが、季節感を感じるのはまず食べ物からだったりします。今回のように桜の季節になる前に、桜のシフォンケーキを楽しんで桜のことを思ったり、お花見の計画を練ってみたり・・・。季節の先取りはいつも食べ物から、です!

春らしい食卓といえば菜の花です。私の出身地では菜の花をお浸しのようにして食べるのですが、これは全国的に見てどうなのでしょうか?私の故郷はその土地限定の食材がとても多く、例えば春なら菜の花をよく食べます。お葱でも地域限定のものが売られているし、ナスも出身地の名前がついているナスをよく食べます。食べ物によって生まれ故郷を思うこともしばしば。

食べるもので季節を感じたり、故郷のことを思ったり・・・こんなふうに食べるものと豊かな人生って深い結び付きがありますね!美味しいものを食べることで元気になれる、とこんな考え方が世界中にあるのは、それが人間共通の思いだからだと思います。