読書の時間

 

小川糸さんの『食堂かたつむり』という本を読んでいます。

まだ読み始めたばかりなのですが、本の冒頭が「トルコ料理でのアルバイトを終えて家に戻ると、部屋の中が空っぽになっていた」というショッキングな始まり。よくある小説のような何かが起きようとするワクワクした気持ち、とは程遠い始まり方です。

小川糸さんの小説はこれ以外にも読んだことがあります。ホノボノとした小説というイメージなのですが、でもけっこう重いテーマを扱っているものが多い。どうしてこの作家の本を読むようになったのかというと、映画を見たからです。その映画が面白かったからだから原作も読んでみたくなった。まぁ、正常な欲求です。こんなふうにして巡り会った本は他にもいくつかあって、大抵は原作の方が面白くて好きになってしまうんですが、でも原作を読んだあとにまた映画を観て違いを楽しむという事も好きで、いろんな風に映画と小説を比べています。

食堂かたつむりについて言えば、どちらも好きです。やっぱり私は原作の雰囲気をそのままに伝えている映画が好きです。